人口動態統計 平成27年 - 厚生労働省

人口動態統計 厚生労働省

Add: katocemu63 - Date: 2020-11-23 15:43:28 - Views: 2304 - Clicks: 6771

平成27年国勢調査による10月1日現在の我が国の人口は1億2711万人となった。 前回調査の平成22年と比べると,人口は94万7千人減少している。 5年ごとの人口増減率の推移をみると,昭和20年~25年はいわゆる第1次べビー. 資料) 総務省統計局「国勢調査」、厚生労働省「人口動態統計」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成29年推計)」の出生中位・ 死亡中位仮定による推計結果 1,755 1,747 1,497 1,428 1,522 1,681 1,138 1,252 1,460 1,458 1,258 1,,002. 0 比率が微少(0. 人口動態調査は、我が国の人口動態事象を把握する上で重要な統計調査です。同調査は戸籍法及び死産の届出に関する規程により届け出られた出生、死亡、婚姻、離婚及び死産の全数を対象として、毎月実施されます。 人口動態調査では、一人の女性が一生の間に生む子どもの数に相当する. (備考) 人口動態統計 平成27年 - 厚生労働省 1.厚生労働省「人口動態統計」による。 2.1943年までは届出時の年齢、47~67年は結婚式を挙げた時の年齢、68年以降は結婚式を挙げた時または同居を始めた時の年齢。. 7 平成15()~平成24()年における年齢階級別自殺者数の割合 年 性 総数 19歳以下 20~39歳 40~59歳 60~79歳 80歳以上. 年愛知県の人口動態統計(確定数)の概況 【注意】年~年の愛知県数値について、・・~年の都道府県からの報告漏れによる厚生労働省の再集計後の数値に、修正を行いました。.

各月の人口は,当該月の1日現在の人口。 2) 年以前の人口は,平成27年(年)国勢調査結果による補間補正人口。 * 年以前の「純増減」には,補間補正値を含む。このため,自然動態と社会動態の計(日本人人口は国籍の異動. 資料)厚生労働省「人口動態統計」 (2) 平成29年の死亡数は、前年に比べ209人増加 本県の平成29年の死亡数は、前年より209人増加した。前年と比較すると、年齢階級により増減は様々だが、全体でみると1. 平成27年 平成26年. 慢性腎不全による死亡数は年間1万5,739人 厚生労働省「平成27年 人口動態統計(確定数)の概況」より 年10月13日 腎不全の死亡数は年間2万4,560人 厚生労働省「平成27年 人口動態統計(確定数)の概況」より 年10月13日. 厚生労働省発表の「人口動態統計の概況」によると、平成27年1年間の死因別死亡総数のうち、高血圧性疾患による死亡数は6, 726人でした。 性別では、男性が2,605人、女性が4,121人でした。. 人口動態統計の調査票について、平成16年、18年、21~29年に都道府県からの報告漏れがあることがわかりました。 再集計後の数値については「人口動態統計(確定数)の概況」をご覧ください。. 5 昭和63~平成4年 20. 年(平成13年)1月6日 - 厚生労働省設置法(平成11年法律第97号)により設置、厚生省および労働省を廃止。 年(平成22年)1月1日 - 社会保険庁を廃止。 年(平成27年)10月1日 - 内部部局である健康局の生活衛生課と水道課を、医薬食品局に移管すると.

厚生労働省発表の「人口動態統計の概況」によると、平成27年1年間の死因別死亡総数のうち、糖尿病による死亡数は1万3, 327人でした。 これを性別にみると、男性は7,125人、女性は6,202人でした。. 資料)厚生労働省「人口動態統計」 (2) 平成27年の死亡数は、前年に比べ231人増加 本県の平成27年の死亡数は、前年より231人増加した。前年と比較すると、年齢階級により増減は様々だが、全体でみると1. 6 平成15~平成19年 30. 平成27年 労働力調査年報 平成27年平均結果の概要. 平成27年3月24日 調査の概要 人口動態統計は、出生、死亡、婚姻、離婚及び死産の各事象について、各種届出書等から人口動態調査票が市区町村で作成され、これを収集し集計したものである。. 厚生労働省発表の「人口動態統計の概況」によると、平成27年1年間の死因別死亡総数のうち、心疾患(高血圧性を除く)は19万6, 113人で、死因別死亡数全体の15. また、人口推計(総務省)、生命表(厚生労働省)など他の統計や施策に活用されるほか、民間企業や研究機関でも広く利用されています。 【利用上の注意】 - 計数のない場合 0. 平成27年県人口〈日本人人口〉 1,905,278人「平成27年国勢調査年齢・国籍不明をあん分した人口(参考表)」〈総務省統計局〉 合計特殊出生率 福島県 全国平均 全国順位 16 9 15.

我が国の保健統計 【平成19年~28年】 厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健社会統計課保健統計室が所管する「医療施設調査」「患者調査」「衛生行政報告例」「地域保健・老人保健事業報告」「医師・歯科医師・薬剤師調査」「病院報告」「受療. 9 平成20~平成24年 30. なお、内訳は、「脳梗塞」が6万4,523人、「脳内出血」が3万2,113人、「くも膜下出血」が1万2,476人、「その他の脳血管疾患」が2,861人でした。 平成27年()人口動態統計(確定数)の概況(厚生労働省) ▶. 平成27年国勢調査に用いる産業分類・職業分類 2; 最終報告書「日本の人口・世帯」統計表 56; 人口等基本集計(男女・年齢・配偶関係,世帯の構成,住居の状態など) 3,129; 就業状態等基本集計(労働力状態,就業者の産業・職業など) 2,310. 資料:厚生労働省「人口動態統計」(率は人口10万対) 実数 率 実数 率 実数 率 実数 率 実数 率 実数 率 実数 率 平成26 4,033 848. 平成30年衛生統計年報(人口動態編) 衛生統計年報(人口動態編)は、厚生労働省の人口動態統計等の調査票情報を独自集計し、沖縄県の状況についてその統計資料を取りまとめたものである。. 6 平成10~平成14年 30.

6 平成5~平成9年 21. 2) 平成27年以前の人口は,平成27年国勢調査結果による補間補正人口。 * 平成27年以前の「純増減」には,補間補正値を含む。 このため,自然動態と社会動態の計(日本人人口は国籍の異動. i 基本集計(pdf:455kb) ii 詳細集計(pdf:410kb) (参考1~4)国際比較(pdf:241kb) 統計表 i 基本集計へ ii 詳細集計へ 統計表を見る上での注意(pdf:86kb). 厚生労働省,平成成27年()人口動態統計(確定数)の概況(外部サイトへリンク) 政府統計の総合窓口(e-stat)人口動態調査(外部サイトへリンク). 厚生労働省の「年人口動態統計月報年報」によると、年の日本の死亡数は129万428人で、前年に比べて1万7,424人増加した。 75歳以上の高齢者の死亡数は1975年以降に増加し、年からは全死亡数の7割を超えている。 昭和58~昭和62年 27.

ホーム > 統計情報・白書 > 各種統計調査 > 厚生労働統計一覧 > 人口動態統計特殊報告 > 結果の概要 > 都道府県別年齢調整死亡率-主な死因別にみた死亡の状況- > 平成29年度人口動態統計特殊報告 平成27年都道府県別年齢調整死亡率の概況. 40 資料:厚生労働省「人口動態統計. (平成12)年 (平成22)年 (平成29)年 【夫】 【妻】以下 20~24 25~29 30~34 35~39 40~44 45~49 1990(平成2)年 (平成12)年 (平成22)年 (平成29)年 (‰) (歳) 54.

人口動態統計 平成27年 - 厚生労働省

email: rypijin@gmail.com - phone:(270) 358-1643 x 6177

サントリー流モノづくり - 平野健 - 首都圏ホテルガイド

-> サウジアラビア - 保坂修司
-> おさえておきたい英語のルール - 卯城祐司

人口動態統計 平成27年 - 厚生労働省 - 小倉ゆき子 ゆき子のフルール ダムール


Sitemap 1

ジュリア・ロバーツ - アイリ-ン・ジョ - エンタの銀メダル